• ホーム
  • 痒みが辛すぎる!膣カンジダを早く治したい!

痒みが辛すぎる!膣カンジダを早く治したい!

2020年02月15日

膣カンジダは、再発が非常に多く再発の度に外陰部の辛いかゆみに悩まされる女性が多く、女性の5人に1人が感染した経験を持つとされる感染症です。性感染症は、一般的の感染患者の感染患部や粘膜及び体液に直接接触する性交渉が最も大きな感染経路ですが、ホルモンバランスが大きく乱れる月経前や自律神経の失調を引き起こす過剰なストレスの蓄積などにより免疫力の低下が見られると発症もしくは再発します。膣カンジダは、性病を発症させる淋菌や梅毒トレポネーマなどの病原細菌とは異なり、人間の口腔内や膣などに常に存在するカンジダが膣で外陰部や膣で炎症を引き起こした感染症です。そのため、性交渉で感染する性病ではなく免疫力の低下が原因で発症するので1年に何回でも再発する厄介かつしつこい女性特有の感染症と言えます。

膣カンジダは、膣の外陰部の皮膚に発疹や発赤などの症状を発症するとともに熱感を感じるヒリヒリとした疼痛や堪え難い非常に強いかゆみを発症し、粘性のカッテージチーズのようなおりもの排出や排尿時の痛みなどの症状が1度に発症する感染症です。膣カンジダは、免疫力の低下が原因で発症しますが、発症後に免疫力をあげても完治は難しいので我慢するよりもおりものなどに違和感を感じた時点で早めの受診が最善の対処方法と言えます。検査方法は、分泌物を顕微鏡でカンジダとくゆうえの分芽胞子と偽菌糸を確認する直接鏡検査に加え、採取した分泌物を培養する培養法検査で感染の有無を診断します。

治療は、カンジダが異常繁殖している膣内に対しては膣座薬を処方し、膣外陰部には辛いかゆみを抑制する軟膏の塗布が行われる感染症です。膣坐薬は、トリアゾール系の抗真菌薬フルコナゾールやイトラコナゾールを主成分とする治療薬であり、毎日挿入する坐薬と1週間程度抗菌効果が持続する坐薬があります。軟膏は、アゾール系の抗真菌薬クロトリマゾールやミコナゾールを主成分とする市販薬が多く、かゆみを抑制する抗ヒスタミン成分やリドカイン成分を含む市販薬もあります。膣カンジダは、膣外陰部の辛いかゆみから外陰部に軽い裂傷や擦り傷を作ってしまうことが多く、バリア機能の低下した外陰部はクラミジアや淋病及び梅毒などの性病の感染リスクが数倍に跳ね上がってしまう感染症です。そのため、早めの受診で性病の合併症を発症することなく完治させ、慢性化も再発もしないように治療だけでなく免疫力を上げるために生活習慣の見直しも必要です。

関連記事
ゾビラックスは帯状疱疹にも使える治療薬

ゾビラックスは、性器ヘルペスや口唇ヘルペスの治療にとても有効な治療薬ですが、50歳代の発症が最も多い帯状疱疹にも有効な抗生物質です。帯状疱疹は、水疱瘡とも呼ばれる水痘に感染経験を持つ患者が水痘・帯状疱疹ウイルスを一生涯体内に保有すことで発症する感染症とされ、体内の水痘・帯状疱疹ウイルスが再活性化する...

2020年03月22日
性病治療薬にはジェネリックもある!

性病の治療薬は、性器クラミジア治療に効果的なジスロマックやクラビットなどの先発薬だけでなく、国内外の製薬メーカーから様々なジェネリック医薬品が製造販売されています。ジスロマックは、マクロライド系抗生物質アジスロマイシンを主成分とする治療薬であり、アジーやアジスロマイシン錠などのジェネリック医薬品があ...

2019年10月13日
自宅で性病の検査ができるって知ってた?

性病は、多くの人が感染したことに後ろめたさを感じてしまい専門の医療機関で検査を受診することに二の足を踏んでしまいますが、STDチェッカーなどの郵送検査キットなら自宅かつ匿名で検査することができます。STDチェッカーは、購入方法が簡単なだけでなく男女共通の検査キットであり、使用方法も簡単なので1人で検...

2020年01月06日
コンドームは避妊だけではなく性病も防ぐ!

コンドームは、男性用の避妊具として世界中で使用されていますが、エイズの感染拡大が大きな転機となりクラミジアや梅毒などの性病の感染予防対策として厚生労働省でも推奨されています。コンドームは、避妊具としては最も手軽でコスパに優れていますが、正しい装着方法で使用しても避妊確率が100%ではないのが一部の利...

2019年12月12日
驚異の汎用性!アモキシシリンは性病以外にも使える

アモキシシリンは、淋病の病原細菌の淋菌や梅毒の病原細菌の梅毒トレポネーマなど性病の治療に用いられているβ-ラクタマーゼ阻害剤ですが、肺炎の病原細菌の肺炎球菌や腸管出血の病原細菌の大腸菌など様々な感染症治療に処方されている驚異の汎用性を有するペニシリン系抗生物質を代表する治療薬です。アモキシシリンは、...

2019年11月12日
ヘルペスの再発抑制にはバルトレックスが効果的

バルトレックスは、単純疱疹や帯状疱疹の治療に用いられているだけでなく、性器ヘルペス再発の抑制治療に用いられています。再発抑制治療は、1年間に6回以上再発を繰り返す重症患者に対して保険適用で行う治療であり、成人は主成分バラシクロビルとして1回500mgを1日1回経口服用を最短8週間?最長1年間にわたり...

2019年10月10日
オーラルセックスで感染する性感染症とは?

オーラルセックスは、口や舌を駆使して行う口腔性行であることから感染患者の体液や粘膜に直接接触し、感染患者が非常に多いクラミジアやヘルペスだけでなく梅毒や淋菌などの性感染症にも感染してしまいます。一般的な性交渉では、性器同士が直接接触するので感染患部が性器であり、男性の性器を包み込むコンドームは性感染...

2019年10月08日
海外シェア率No,1!クラミジアの治療にはジスロマックが有効!

ジスロマックは、海外シェア率No1のクラミジア治療薬とされ、日本国内の医療機関でも第1選択薬となっています。ジスロマックは、マクロライド系抗生物質アジスロマイシンを主成分とするタンパク合成阻害薬であり、クラミジア治療なら1回の服用で完治まで医薬効果が持続する治療薬です。アジスロマイシンは、同じマクロ...

2019年10月05日