• ホーム
  • 海外シェア率No,1!クラミジアの治療にはジスロマックが有効!

海外シェア率No,1!クラミジアの治療にはジスロマックが有効!

2019年10月05日
薬を持っている男性

ジスロマックは、海外シェア率No1のクラミジア治療薬とされ、日本国内の医療機関でも第1選択薬となっています。ジスロマックは、マクロライド系抗生物質アジスロマイシンを主成分とするタンパク合成阻害薬であり、クラミジア治療なら1回の服用で完治まで医薬効果が持続する治療薬です。アジスロマイシンは、同じマクロライド系抗生物質エリスロマイシンに窒素原子Nを付加したプロドラッグであり、従来の治療薬に比べて副作用の下痢の発症リスクが低くなっている安全性の高い治療薬です。ジスロマックは、主要組成物質タンパク質を生合成する細胞小器官リボソームの正常な働きを阻害するタンパク合成阻害薬であり、クラミジアの50Sと30Sのサブユニットのうち分子量の小さな30Sサブユニットと選択的に結合し阻害効果を発揮します。ジスロマックは、人間の細胞の細胞小器官リボゾームを構成する60Sと40Sのサブユニットに医薬効果を発揮することがなく、理論上副作用が少ない治療薬です。

ジスロマックは、エリスロマイシンに窒素を付加したことで性病の病原細菌を消化する貪食細胞マクロファージに取り込まれ易くなり、自由に細胞間隙を移動するマクロファージに取り込まれたことで感染組織や炎症組織への医薬成分の移行性が飛躍的に高められています。ジスロマックは、治療に必要最低限の医薬成分濃度をどれだけ長く維持できたかで治療効果が異なる時間依存性の治療薬であり、血液中の医薬成分濃度の10倍~100倍で感染組織や炎症組織に移行可能であることから、従来の治療薬に比べて少量の医薬成分で充分な医薬効果を得ることができます。従来の治療薬は、服用後胃の消化液の影響を受けていたので腹痛や下痢などの副作用を発症していましたが、ジスロマックは特殊製剤法マイクロスフェアを採用したことで上部消化器官で消化液の影響を受けることなく小腸まで到達する治療薬です。

マイクロスフェアは、粒子径数μmの合成高分子ポリマーに医薬成分が内包されているので消化されることなく小腸に届くだけでなく、小腸で長時間にわたり医薬成分の放出を安定的に制御可能となったことで血中半減期を非常に長い68.1時間まで延長しています。そのため、1日に数回の服用が必要だった従来の治療薬に比べて1回の服用で数日~1週間程度医薬効果を維持でき、性病の性器クラミジアの治療を1回の服用で完治させることができます。ジスロマックは、クラミジア治療で安全性と医薬効果の高さから海外シェアNo1ですが、性病の淋病やマイコプラズマ肺炎などの治療にも処方されています。

関連記事
性病治療薬にはジェネリックもある!

性病の治療薬は、性器クラミジア治療に効果的なジスロマックやクラビットなどの先発薬だけでなく、国内外の製薬メーカーから様々なジェネリック医薬品が製造販売されています。ジスロマックは、マクロライド系抗生物質アジスロマイシンを主成分とする治療薬であり、アジーやアジスロマイシン錠などのジェネリック医薬品があ...

2019年10月13日
ヘルペスの再発抑制にはバルトレックスが効果的

バルトレックスは、単純疱疹や帯状疱疹の治療に用いられているだけでなく、性器ヘルペス再発の抑制治療に用いられています。再発抑制治療は、1年間に6回以上再発を繰り返す重症患者に対して保険適用で行う治療であり、成人は主成分バラシクロビルとして1回500mgを1日1回経口服用を最短8週間?最長1年間にわたり...

2019年10月10日
オーラルセックスで感染する性感染症とは?

オーラルセックスは、口や舌を駆使して行う口腔性行であることから感染患者の体液や粘膜に直接接触し、感染患者が非常に多いクラミジアやヘルペスだけでなく梅毒や淋菌などの性感染症にも感染してしまいます。一般的な性交渉では、性器同士が直接接触するので感染患部が性器であり、男性の性器を包み込むコンドームは性感染...

2019年10月08日