• ホーム
  • 性病治療薬にはジェネリックもある!

性病治療薬にはジェネリックもある!

2019年10月13日
病原体

性病の治療薬は、性器クラミジア治療に効果的なジスロマックやクラビットなどの先発薬だけでなく、国内外の製薬メーカーから様々なジェネリック医薬品が製造販売されています。ジスロマックは、マクロライド系抗生物質アジスロマイシンを主成分とする治療薬であり、アジーやアジスロマイシン錠などのジェネリック医薬品があるタンパク合成阻害薬です。クラビットは、ニューキノロン系抗生物質レボフロキサシンを主成分とする治療薬であり、レボフロキサシン錠やレボフロキサシン内容液などのジェネリック医薬品があるDNAジャイレース阻害薬です。

ジスロマックの主成分アジスロマイシンは、クラミジア属細菌や淋菌などの細胞内でタンパク質を生合成する小器官リボゾームに作用し、リボゾームを構成するサブユニットと競合的に結合することでタンパク質の生合成を阻害します。アジーやアジスロマイシンなどのジェネリック医薬品は、先発薬のジスロマックと同様にマクロライド系抗生物質アジスロマイシンを主成分としているので作用機序に違いはなく、医薬効果と安全性の高い治療薬です。ジェネリック医薬品は、先発医薬品メーカーのように莫大な開発費用と10年以上の長い開発期間などのコストを負担していないので先発薬に比べて販売価格が非常に安く、継続的服用が必要な患者にとっては経済的負担が少なく治療に専念しやすい治療薬です。ジェネリック医薬品は、20年もしくは延長申請した場合の25年の医薬成分特許期間を経過した医薬品のみ製造販売が可能とされ、強力な医薬効果や微細な副作用しか発症しない最新の医薬品は対象外です。

性病の治療薬は、海外の製薬メーカーからもジェネリック医薬品が販売されており、医薬品等の個人輸入の規制が緩和されたことで個人輸入を代行する業者がインターネット上に数多く存在します。個人輸入は、アジーやレボフロキサシン錠などの処方箋薬の場合には用法用量に基づいた1カ月分が通販などで購入が可能とされ、俗に薬監証明と呼ばれる医薬品等輸入報告書などの書類の申請と発給の義務がありません。個人輸入は、海外の製造販売の拠点から直接郵便で配送されるので輸送コストだけでなく、国家間の物価の違いや為替によって医療機関で処方される医薬品の価格よりも通販の方が安く購入できます。通販でアジーを注文すると早い対応で発送してくれることもあるので、感染症に備えて事前に注文しておくとよいかもしれません。しかし、個人輸入代行業者から通販購入した医薬品は、厚生労働省の基準に基づく医薬効果と安全性が確立されていないことから医薬品副作用被害救済制度を受けることができず、副作用の治療費は10割負担となります。

関連記事
驚異の汎用性!アモキシシリンは性病以外にも使える

アモキシシリンは、淋病の病原細菌の淋菌や梅毒の病原細菌の梅毒トレポネーマなど性病の治療に用いられているβ-ラクタマーゼ阻害剤ですが、肺炎の病原細菌の肺炎球菌や腸管出血の病原細菌の大腸菌など様々な感染症治療に処方されている驚異の汎用性を有するペニシリン系抗生物質を代表する治療薬です。アモキシシリンは、...

2019年11月12日
ヘルペスの再発抑制にはバルトレックスが効果的

バルトレックスは、単純疱疹や帯状疱疹の治療に用いられているだけでなく、性器ヘルペス再発の抑制治療に用いられています。再発抑制治療は、1年間に6回以上再発を繰り返す重症患者に対して保険適用で行う治療であり、成人は主成分バラシクロビルとして1回500mgを1日1回経口服用を最短8週間?最長1年間にわたり...

2019年10月10日
オーラルセックスで感染する性感染症とは?

オーラルセックスは、口や舌を駆使して行う口腔性行であることから感染患者の体液や粘膜に直接接触し、感染患者が非常に多いクラミジアやヘルペスだけでなく梅毒や淋菌などの性感染症にも感染してしまいます。一般的な性交渉では、性器同士が直接接触するので感染患部が性器であり、男性の性器を包み込むコンドームは性感染...

2019年10月08日
海外シェア率No,1!クラミジアの治療にはジスロマックが有効!

ジスロマックは、海外シェア率No1のクラミジア治療薬とされ、日本国内の医療機関でも第1選択薬となっています。ジスロマックは、マクロライド系抗生物質アジスロマイシンを主成分とするタンパク合成阻害薬であり、クラミジア治療なら1回の服用で完治まで医薬効果が持続する治療薬です。アジスロマイシンは、同じマクロ...

2019年10月05日